乾燥肌にならない5つの鉄則!

乾燥肌にならないためにはどうしたらいいのか?

なにもそんなに難しいことはなく、普段の生活でちょっと気をつけるだけで簡単に対策は打てます

①長時間の洗顔はNG!

この洗顔には化粧落としも含まれます。クレンジングオイルはマスカラやファンデーションだけではなく皮脂も綺麗さっぱり落としてしまいますので、あまり洗浄力が強くないものを選んだ方がよいでしょう。もちろん洗顔料も一緒です。オイルやスクラブ、界面活性剤など、少量なら問題ありませんが、大量に使用すればそれは肌に悪影響を及ぼしかねません。これによって肌のターンオーバーに狂いが生じるのです。角質は自然に剥がれ落ちるものですが、それを待たずに洗顔料で無理に洗ってしまうと、まだ未熟な状態の角質層が表に出て、肌の表面が未熟な状態で剥き出しになってしまいます。空気や乾燥に対する抵抗力がないので、肌のパサパサ化は悪化するばかりです。なので、洗顔は朝晩二回、洗顔フォームを適量で使用することを意識して、ごしごし擦らず、ゆっくり撫でるようにして洗ってください。特にスクラブ系は擦りすぎると肌を傷付けかねないので、注意しましょう。だらだらと長く洗い続けるのではなく、できるだけ最短時間で済ませるようにするのがポイントです。また、洗顔後はすぐに保湿、保護する事を忘れないようにしましょう。皮膚からの水分蒸発は、洗い終わった直後からが始まっています。

②肌の調子が悪いときは薄化粧にする。

メイクを凝りたい気持ちは分りますが、肌が乾燥しているときはなるべくナチュラルメイクにしましょう。乾燥している肌の上から今シーラーやファンデーションなどをたっぷり乗せてしまうと、肌は乾燥にくわえて毛穴から呼吸もできず、肌にかなりの負担を与えることになってしまいます。肌荒れを隠すために厚化粧をしても、その厚化粧のせいで肌の状態が悪化してしまうことがあります。なので、肌の調子が悪い日は、保湿水分の多いミネラル系のファンデーションなどでさっと一塗りするくらいにとどめておきましょう。メイク前には化粧水や乳液などで肌を保護することも忘れずに!

③やたらにスキンケアをしない。

保湿は大事ですが、保湿のしすぎも肌によくありません。余計なものを塗ると、逆に肌に負担がかかってしまい乾燥が進行してしまいます。本当に必要だと感じるスキンケアアイテムをひとつふたつしぼって、適量を守って使用するのが理想的です。

また、紫外線も肌の水分を蒸発させるので、夏場や日差しがきついときは必ず日焼け止めやUVカットの乳液などを使って顔を保護してあげてください。

④エアコンを付けすぎない。

エアコンは湿気を冷やして水に変え、乾燥した空気を外に送りかえしています。その乾燥した空間にいれば肌の水分もどんどん逃げていってしまうので、エアコンの効いた部屋長時間いるときは、こまめにお茶や水を飲んで体内に水分を補給したり、エアコンを直接肌にあてないように服を一枚余分に着たり、スプレータイプの化粧水などで頻繁に顔に水分を与えることが乾燥対策に繋がります。

⑤バランスのいい食生活を心がける。

健康な肌を保つためには身体も健康にしなければいけません。肌が不調なときは、ビタミンやコラーゲンが豊富な食物を食べるのもいいでしょう。肉や魚など、動物性たんぱく質ばかり採っているのも肌にはよくありません。肉を食べたら、その分野菜もきちんと食べて、体内毒素が溜まらないように努めましょう。