乾燥肌+かゆみの改善法

乾燥肌は、放っておくと、様々な肌トラブルを併発する可能性があります。その最たるものがかゆみです。痒くてかきむしってしまい、それが原因で皮膚の状態が悪化、更にかゆくなりまたかきむしってしまう…という悪循環に陥る方も大多数いることでしょう。更に、かきむしった箇所から細菌が入り込み炎症が起きて薬が必要な状態になるなど、深刻なケースもちらほらと耳にします。

では何故かゆみが起きるのか?乾燥した皮膚表面の角質層には微細なひび割れができています。

角質層とは外界からの刺激や異物の侵入から肌を守ってくれるバリアのようなものです。つまり角質層がひび割れてしまうとバリアとして十分な機能を果たせなり、よって外界からの刺激や異物に対して肌が無謀状態になってしまい、ほんのちょっとの刺激にも非常に感じやすくなります。これがかゆみの原因です。

もし「かゆい」と感じても、爪でぼりぼりかきむしるのだけは控えましょう。かゆみは体温が上昇すると感じる場合が多いので、その部分を冷やしてみるのも効果的です。ただ、冷やしすぎもよくないので、肌に直接水分をつけずに、ビニールでを間に挟んで冷やすなど、状況に応じて冷やし方を工夫してみてください。それでも耐えられないほどにかゆみが進行している場合は、皮膚科に行って相談してみるのもいいでしょう。