乾燥肌+ニキビの解消法

汗をたくさんかいて皮脂が毛穴に詰まりやすい夏場ならともかく、汗も皮脂も少ない冬場にニキビなんて出来るの?と疑問を感じ方もいらっしゃると思います。けれど実は、乾燥肌こそニキビがもっとも繁殖しやすい状態なのです。

乾燥肌は、皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていない状態です。お肌が乾燥して角質層の水分が少なくなってしまうと、肌が再生するサイクル(ターンオーバー)が遅くなってきます。ターンオーバーが正常に行われなくなってくると、お肌の角質が微妙に厚くなってきてしまいます。角質が厚くなると、毛穴が小さく細くなってしまいます。

細くなった毛穴に剥がれ落ちた角質など老廃物が溜まり、さらにそこにアクネ菌などの細菌がつくとにきびができてしまいます。オイリー肌の人も、乾燥肌の人も、にきびの原因は「毛穴のつまり」によるもので共通しています。

ですから、ドライスキンの人は、ニキビと同時に乾燥を防ぐ正しいスキンケアをする必要があります。肌の油脂が少ない状態なので、洗顔時には刺激の少ない、なるべく無添加の石けんなどを使用しぬるま湯で顔を洗いましょう(熱すぎる湯はNGです)。

乾燥肌ニキビも、洗顔後はきちんと保湿してあげなければいけません。最近ではオイルが処方された保湿商品も沢山発売されていますが、乾燥肌にできるニキビは皮脂分泌過剰によるものではない場合もあるので、通常の乾燥対策スキンケアのみで大丈夫な時もあります。数日試してみて、ニキビが悪化していないかどうかを確認しながら続けていきましょう。